他サイト更新情報

フィリピン、イスラム過激派組織が身代金目当てで拉致していたドイツ人男性を斬首。

WS000020

フィリピンにて。

フィリピンのイスラム過激派組織「アブサヤフ」が、
身代金目当てで拉致していたドイツ人男性を斬首。

フィリピン史上最悪級のテロ攻撃を実行してきた同組織は、ユルゲン・カントナー(Jurgen Kantner)さん(70)の命と引き換えに、3000万ペソ(約6700万円)の身代金を26日までに支払うよう要求していた。

(略)

カントナーさんは昨年、フィリピン南部沖でヨットに乗っていた最中に誘拐されていた。

ソース
http://www.afpbb.com/articles/-/3119409?cx_part=txt_topics



コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。